中井酒造のあゆみ

蔵元のご案内
会社概要

酒造りのこだわり

オンラインストア

お問い合わせ

アクセス

chinese

中井酿酒厂历史

设 施 指 南

注重酿酒质量

遥かなる時を超えて、今も残る白壁土蔵群。古き良き故郷のような倉吉。中井酒造は明治十年この地に創業いたしました。
代表銘柄「八潮」は、地元の小鴨神社に伝わるおめでたい祝詞の一節、「潮の八潮の八潮路」に由来しています。
「八」は末広がり、「潮」は災いを流す勢い良い意味が響き合うと宮司さまから命名して頂き百四十余年。その深き味わいとともに、縁起の良い名酒として愛飲されております。

HOME > chinese > 中井酿酒厂历史

 

 

祖辈发明了农具“中耕除草机”

中井家祖祖辈辈都是做村长的。明治十年,当时的家主中井甚三郎他开始了酿酒业。同时中井家,本家的中井太一郎他在明治时代发明了三大农具。其中一种(转动式除草机)他提倡把二十万台普及到全国各地。

中井太一郎他把一生都献给了农业的改革

仓吉博物管 仓吉历史民俗资料馆里设有图板展览,还有实物展览

由于发明了“中耕除草机”所以他名字以载入了日本农业史册 其实他是中井酿酒厂的祖先。
中井太一郎 于 天宝元年,出生在日本鸟取县仓吉中原村

太一郎的祖父的那一代是个大地主大,但是经过天保大饥荒以后,家境就日趋衰落,父亲去世以后家里就更加贫困了。他就亲自拿起锄头,接受考验专心于农业,走出了困境。通过这次的经历,他了解到农业的弱点和农民贫困生活的环境。这对他以后的人生带来了很大的影响。

之后他的努力被认可成为了官吏。他为了救助于农民,工作很努力。做了很多的改革。然后他又辞去了官吏之职。他对当时的农业持有疑问,他就把身心都投如到了种植水稻的改良。

明治17年他设计了「插秧标准尺」然后他还写作了《种植水稻改良实验记草稿》并且 在鸟取把书广泛地分发给农民,随后还在鸟取各地进行了巡回演讲。

明治25年他设计了 「中耕除草机」
这样农民就可以从种水稻时,除草这项最幸苦的劳动中给解放出来了。 中井太一郎他的一生都是以土地而活着。为稻子的改良而奉献自己的一切 太一郎的实践性的研究在我国的农业史上留下了伟大的业绩。


代表的名牌「八朝 」的由来

本公司的代表品牌的名字「八潮」的由来,是地方小鸭神社里的神官给命名的。
在仓吉市有个小鸭神社。在这里供奉着本地的守护神。神官咏读的祈祷文里有一小 节「潮的八潮的八潮路•••」神官就取出里面的两个字「八潮(呀嘻噢)」来作为 本商品的名字 使用。

「八」字是 繁荣昌盛,「潮」有吉利好兆头的意义。因此就作为商品的品牌名字 来使用。现在使用的是「八潮」,本公司的另一个商品在创建时从 明治 10年 到昭和初期使用的品牌名是(「山隐 大黑」山阴财神爷)随着弊公司有新的商品上市,又从新开始使用(「山隐大黑」 山阴财神爷)来作为品牌名字。这个商品是用纯米酿成,加热以后会更好喝。

新酒检评会获奖简历

日本每年全国各地都要举办,各种规模不同的新酒检评会。对于酒的香味•调和以 及质量,评委员用五感和科学的分析方法来审评。

 

全国新酒检评会

平成2・3・4・8・9・11年 荣获金项奖

 

出云酿酒师自酿清酒品评会

第39・49・53・57・58届获 优秀奖・ 优等奖(49 届1次)

 

松江地区新酒研究会

第45・57届 荣获 技术奖

 

广岛国税厅新酒检评会

平成元年・2・3年 荣获 优等奖

新 闻 媒 体 报道

媒介也很关注中井酿酒厂的发展。 各家 电视台•报纸•杂志等也都对中井酿 酒厂进行采访和报道。

 


中井酒造のあゆみ
Story

中井家は代々庄屋を営んでまいりましたが、明治十年、当時の当主中井甚三郎が酒造業を始めました。
本家中井太一郎は、明治時代の農具の3大発明(太一車)を発明し、全国に普及させた農業の先駆者でした。

酒造りのこだわり
Commitment

「名水のあるところ名酒あり」と言われます。中井酒造では国立公園大山の豊かな伏流水を汲み上げ仕込み水に使っています。大山の天然水はミネラル豊富な軟水で酒造りには最適な環境です。

蔵元のご案内
Guidance

中井酒造株式会社は、鳥取県倉吉市中河原にあります。大山隠岐国立公園に高くそびえる大山を遥かに臨む鳥取県倉吉市は、蒜山高原に源を発した小鴨川の流域に広がる詩季織々の変化に富んだ豊かな穀倉地域です。